Vol.61制作印刷キーワード: 工程

制作から印刷まで 印刷物のつくり方

よりよい印刷物を作るコツ。それは印刷ワークフローにありました。

「印刷」といっても、その工程は多岐に渡ります。印刷用の版をつくる工程から、実際に刷る工程、
さらに製本・加工等の後工程。今回は、本刷りに入る直前までの作業の流れについてご紹介します。

印刷物を作るためには、版が必要です。そして版を作成するには、原稿がなければなりません。

印刷には原稿を作る作業と、その原稿から版を作成する工程(プリプレス)が不可欠です。

版を作成するまでに、原稿に誤りがないかチェックする工程として、校正があります。校正作業を行うために出力や印刷をした校正紙と原稿を照合して、文字や図版が正しいか確認し、間違いがあれば修正(赤字)指示を入れます。
校正は印刷物を作成する各節目に行いますが、後の段階で追加訂正を行うと、工程をさかのぼらなければなりません。

そのため後になればなるほど、訂正に時間やコストがかかります。

印刷の流れを理解し、適切な時期に、適切な作業を行うこと。それがよりよい印刷物を作る、最も効果的な方法です。

印刷の工程(ワークフロー)

印刷の工程

「vol.61 制作から印刷まで 印刷物のつくり方」のPDFはこちら