Vol.93デザインキーワード: 配色

配色による印象の変化

色が違えば、印象が変わる。印刷物の目的に合った配色を。

同じレイアウトで構成された印刷物でも、配色が違うだけで、その印象はがらりと変わります。
色の組み合わせを考慮することは、より効果的な印刷物をつくるうえで非常に重要です。
今回は配色が与えるイメージの違いをご紹介します。

カジュアルなイメージを与えたい、落ち着いた雰囲気にしたいなど、印刷物に求められる役割は違います。

より良い印象を与えるうえで、配色は非常に重要な要素のひとつ。
それぞれの色をどのように組み合わせるかで、見る側のイメージは大きく変わります。

しかし多くの色の中から効果的な配色を考えるには、知識と経験が必要です。

そこで、同じトーンの組み合わせによるイメージを表した配色図を用意しました。
各色の大きさ、どの場所に配置するのか、また写真画像の色合いも考慮する必要はありますが、印刷物の配色を考える際の参考にどうぞ。

配色図

「vol.93 配色による印象の変化」のPDF版はこちら