Vol.115印刷キーワード: 中綴じ アイレット綴じ 糊綴じ 糸綴じ

中綴じイロイロ

一口に中綴じと言っても、綴じ方も針金もイロイロです。

カタログやパンフレット、雑誌などでよく見かける製本方法、中綴じ。

一般的な製本方法なだけに、バリエーションもさまざまです。

今回は、この中綴じの種類や利用する針金についてご紹介していきます。

中綴じイロイロ

製本にもいろいろな方法があります。

今回紹介する中綴じは、重ねた用紙を二つ折りにし、折り目の中央部分を針金で止めた形状の製本です。

ノドまでしっかりページを開くことができますが、ページ数が多いものには不向きです。

アイレット綴じ
アイレット綴じ

本を綴じた針金が、背の部分からCの形に飛び出した製本方法。そのまま2穴ファイルに綴じることができます。
本にパンチ穴をあける必要がないので、ノドの部分の文字や絵柄が欠ける心配がありません。また飛び出した針金部分は、壁掛け用のフックとして利用できることから、カレンダー等にも利用されます。

糊綴じ
糊綴じ

針金を使わず、糊を使って綴じる方法です。不用意に針金の先端部分に触れてケガをする恐れがなく安全。
分別時にも針金を外す必要がなく、環境に優しい綴じ方だと言えるでしょう。

逆中綴じ
逆中綴じ

本の内側から背に向かって針金を打ち、表紙をくるむことで針金の先端を隠す綴じ方です。
針金の先端が開いてページが抜けることがなく、また針金先端に触れてケガをすることもありません。

糸綴じ
糸綴じ

針金を使わずに、糸で綴じて仕上げる方法です。背の天地全体を綴じるので比較的強度があります。
和風テイストの本に適しており、糸色の選択も可能です。

中綴じに使う針金の色も一般的なシルバー以外に、白、黒、赤、青、黄などさまざまな色があります。

表紙の色やセンターページの絵柄に合わせて選ぶことも可能です。また本の束(厚さ)によって針金の太さが異なり、薄い本には細い針金を、分厚い本には太い針金を使用。

弊社では通常25番(直径0.50mm)を使いますが、21番(直径0.80mm)から27番(0.40mm)まで 7種類の針金があります。

「vol.115 中綴じイロイロ」のPDF版はこちら