Vol.145


キーワード: 特色インキ

金、銀、パール。光沢のある特色インキ
他の印刷物との差別化に最適。
光沢感を利用した特色インキ。
「金、銀、パール」と聞いて、某洗剤のコマーシャルを思い浮かべる方もいるかもしれません。
今回は、光沢のあるインキの話。金、銀、パールインキの原料についてご紹介します。

年末年始の印刷物には華やかなものが多く、見ていると気持ちが高揚してきませんか。
特に高級感を演出するのに効果的なのが、金や銀、パール系の特色インキです。

一般的なオフセット用インキは、着色剤(インキの色のもとになる有機系の顔料)と
ビヒクル(着色剤を紙に定着させるための溶剤)でできています。
金や銀のインキは、着色剤に細かい金属粉を使用。といっても金粉や銀粉ではありません。
金インキには真鍮(しんちゅう:銅と亜鉛の化合物)、銀インキにはアルミニウムが使われているのです。

ちなみにインキに詳しい方であれば、金インキに赤金、青金があることをご存じかと思います。
赤金は真鍮の銅成分が多い物、青金は亜鉛の成分が多い物が使われています。
これらの金属粉は通常の有機顔料に比べ粒子が大きく、通常のビヒクルでは運びきれません。
そのため、運搬力の強いビヒクルを使うのですが、それでも版やブランケットに金属粉が残ってしまう
パイリングという現象が起きることがあります。
また乳化(インキが湿し水と混ざって印刷不良を起こす)しやすい傾向もあるので、印刷時には注意が必要です。

金、銀、パール。光沢のある特色インキ
金、銀、パール。光沢のある特色インキ

年末年始の印刷物には華やかなものが多く、見ていると気持ちが高揚してきませんか。
特に高級感を演出するのに効果的なのが、金や銀、パール系の特色インキです。

一般的なオフセット用インキは、着色剤(インキの色のもとになる有機系の顔料)と
ビヒクル(着色剤を紙に定着させるための溶剤)でできています。
金や銀のインキは、着色剤に細かい金属粉を使用。といっても金粉や銀粉ではありません。
金インキには真鍮(しんちゅう:銅と亜鉛の化合物)、銀インキにはアルミニウムが使われているのです。

ちなみにインキに詳しい方であれば、金インキに赤金、青金があることをご存じかと思います。
赤金は真鍮の銅成分が多い物、青金は亜鉛の成分が多い物が使われています。
これらの金属粉は通常の有機顔料に比べ粒子が大きく、通常のビヒクルでは運びきれません。
そのため、運搬力の強いビヒクルを使うのですが、それでも版やブランケットに金属粉が残ってしまう
パイリングという現象が起きることがあります。
また乳化(インキが湿し水と混ざって印刷不良を起こす)しやすい傾向もあるので、印刷時には注意が必要です。

金、銀、パール。光沢のある特色インキ 金、銀、パール。光沢のある特色インキ 金、銀、パール。光沢のある特色インキ

一方、光沢があって柔らかな色味が特長のパールインキ。
もちろん、パールインキにも本物の真珠が含まれているわけではありません。
透明な雲母(うんも:ケイ酸塩鉱物の一種でマイカともいう)を酸化鉄や酸化チタンで覆って着色剤にすることで、
真珠に似た光沢や干渉色を実現しているのです。
パールインキは透明度が高く、好みの色やデザインを活かした演出ができます。

購買意欲を高める、高級感を醸し出すなど、光沢は印刷物の見た目の印象、品質に大きな影響を与えます。
金、銀、パールインキを使った印刷をお考えの際は、ぜひ当社営業までご相談ください。

「Vol.145 金、銀、パール。光沢のある特色インキ」の
PDF版はこちら