Vol.135


キーワード: 右綴じ 左綴じ 右開き 左開き

本の綴じと開きについて
右綴じ、左綴じ、右開き、左開き…意外とわかりづらい!?本の綴じと開き方。
小説、カタログ、参考書…、私たちの周りにはたくさんの「本」があります。
しかし、その本が右開きか、左開きか、あまり意識しないのではないでしょうか。
今回は、本の文字組みと開き方の違いについてご紹介します。

お近くに小説など、縦組み(上から下へ文章が書かれている)の本はありますか?
こうした縦組みの本の表紙は、向かって右側が綴じられているため、右綴じと呼びます。
そして読む時にはページを右側へと開いていくことから、右開きとも言います。
縦組みの場合は、1行を上から下へ、各行を右から左へと読み進めていくため、
右綴じ・右開きの体裁が理にかなっているのです。
そして見開きの右側が若いページになります。

本の綴じと開きについて
本の綴じと開きについて

お近くに小説など、縦組み(上から下へ文章が書かれている)の本はありますか?
こうした縦組みの本の表紙は、向かって右側が綴じられているため、右綴じと呼びます。
そして読む時にはページを右側へと開いていくことから、右開きとも言います。
縦組みの場合は、1行を上から下へ、各行を右から左へと読み進めていくため、
右綴じ・右開きの体裁が理にかなっているのです。
そして見開きの右側が若いページになります。

一方、横組み(左から右へ文章が書かれている)の本は、表紙に向かって左側が綴じられており、
読む際はページを左へめくっていきます。
左開きとも言い、こちらは見開きの左側が若いページになります。

他のマスメディア広告費が現状維持・微減を続ける中、
なぜインターネット広告だけ大きな伸びを見せているのでしょうか。
その大きな理由は、効果測定がしやすく、ユーザーの指向を読み取って広告を運用できる点にあります。

Webサイトに掲載される広告は、ユーザーが登録した個人情報や閲覧履歴、場所の情報など、
さまざまな情報を分析して表示されているのです。
ついつい興味を惹かれて広告をクリックしてしまったという方も多いかもしれませんね。


本の綴じと開きについて

「Vol.135 本の綴じと開きについて」の
PDF版はこちら