ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの目指すもの

「できるだけ多くの人が利用できるよう建物、空間、製品をデザインすること」。
「障がいの有る無しに関わらず、誰もが暮らしやすい社会の実現」。
これがユニバーサルデザインの考え方です。1980年代半ば、アメリカから始まりました。
提唱者:ロナルド・メイス(ノースカロライナ州立大学教授/米国)

情報のユニバーサルデザイン

だれもが暮らしやすい社会とは、だれにとっても、わかりやすい情報が提供される社会だと、私たちは考えます。
ユニバーサルデザインの視点からグラフィックデザインを捉え、だれにもわかりやすく、理解しやすい情報を発信することです。ひとは情報の87%を視覚情報、目から取り入れます。グラフィックデザインにおけるユニバーサルデザイン化。それはある意味、当然のことだといえます。

グラフィックデザインにおけるUD5 原則