会社がわかる : 絵本プロジェクト

絵本プロジェクト

こどもの頃の、絵本をめくるときのワクワクする感じを覚えていますか?
絵本には創造力、勇気、希望、感動を伝える素敵な力が詰まっています。
私達は、未来の子供たちへ向けて絵本を制作し、送り届ける活動を行っています。

絵本を通して、子どもたちを救いたい。

いじめや虐待など、近年子どもたちの周りで不幸なニュースが続いています。「未来を担う子どもたちの苦しみを、少しでも和らげることはできないだろうか」。私たちは考え、そして辿り着いた答えは、絵本を通してメッセージを伝えることでした。
この主旨に賛同した社員がプロジェクトメンバーとして参加し、2007年より活動を開始。外部の人間では、子どもたちを救いたいという思いが薄れる可能性があるため、物語も挿絵も社内スタッフによる制作にこだわりました。さらに自社工場で、一冊一冊心を込めて印刷、製本。でき上がった絵本は、幼稚園や保育園、学校などに無償で提供しています。

社員で協力し、
自分たちで物語を考え
絵を描き、仕上げていきます。
こうした活動は“モノづくり”の
大切さを改めて感じる機会になり
また、読み手の方に喜んで
いただけると喜びもひとしおです。

電子絵本はこちらからご覧になれます[別ウィンドウ]

  • 【第1弾】そんなことない
  • 【第2弾】お母さんと黒い花
  • 【第3弾】きみが生まれる前の話をしよう
  • 【第4弾】いのちをつなぐ物語
  • 【第5弾】ジャックとビリー

ページの先頭へ