Vol.81制作キーワード: InDesign

InDesignについて

美しく、読みやすい日本語組版に欠かせないソフト、InDesign。

DTP業界の三種の神器といえば、Illustrator、PhotoshopそしてQuarkXPressでした。
しかし今やQuarkXPressに代わってInDesignが台頭。新しいスタンダードが作られつつあります。
そこで今回は、InDesignについてご紹介します。

(※この記事は作成された当時の文章をそのまま掲載しております。)

ここ最近DTPアプリケーションのなかでInDesignという言葉を耳にすることが多いと思いませんか。

InDesignとは、アドビシステムズ社のソフトウェア製品。
おもに印刷物の制作をするための、ページレイアウトに特化したアプリケーションです。

アドビシステムズ社は、Adobe PageMakerというDTPソフトを1986年より販売していました。
しかし、1989年に販売を開始したQuark社のQuarkXPressがDTP業界における事実上のスタンダードを獲得。アドビシステムズ社は、この牙城を崩すことができませんでした。

こうした状況を打開するため、またPageMakerでは対応しきれないニーズに応えるため、自社製品のドロー系グラフィックアプリケーションであるAdobe Illustratorや画像編集アプリケーションであるAdobe Photoshopとの、強力な連携性を持つInDesignを新たに開発。市場に投入しました。

ライバルであるQuarkXPressのMac OS X対応が遅れる中、Mac OS XおよびOpenTypeフォントに完全対応し、高度な組版能力とデザインの自由度を兼ね備えたInDesignは、大いに話題となり、一定のシェアを獲得しました。

さらに現在のInDesign CS3で事実上の標準の地位を着々と築きつつあります。

InDesignが増えている理由

なぜ、InDesignが増えているのでしょうか?
まず挙げられる一番大きな理由としては、ライバルの出遅れです。

OS X以前は、Quark社のQuarkXPressのシェアを奪うことができませんでした。

そこで、新しいOS X環境に対応したInDesignをいち早く投入。Quark社のQuarkXPressは、開発の遅れと機能面や操作性でInDesignに大きく水を開けられてしまい、ほとんどのユーザーがInDesignに乗り換えています。

市場におけるInDesignの動向

Q1. メインで使用しているページレイアウトソフトは?

メインで使用しているページレイアウトソフトのアンケート結果

Q2. アドビCS3を導入する予定は?

AdobeCS3の導入意向のアンケート結果

「vol.81 InDesignについて」のPDFはこちら