Vol.33制作キーワード: CTP

CTPによって変化する印刷プロセス。

スピード、品質、そして全体業務の効率化。CTPに課せられた使命です。

DTPは完全に定着し、現在印刷産業はCTPが浸透しつつあります。
今回は、プレートセッタの動向と、変わりつつある印刷工程についてご紹介します。

(※この記事は作成された当時の文章をそのまま掲載しております。)

1995年、ドイツで開かれた印刷と紙の国際総合機材展「DRUPA(ドルッパ)」以降、印刷の世界ではCTPが浸透しつつあります。

CTPとは「Computer ToPlate」の略で、印刷するためのデータをコンピュータからプレートセッタという機器に送り、直接刷版を作る仕組みのこと。

従来のフィルム出力から、刷版の焼き付けといったアナログ工程を省略することができ、印刷の前工程のスピードアップを図ることができるのです。

また、これまでの刷版では飛んでしまっていた5%以下のアミ点が、1~2%まで再現可能になり、極細線や細かいグラデーションも表現できるようになりました。

焼き付けの見当精度も高く、印刷物の品質も向上。
その他、フィルムレスによる省資源化などのメリットもあります。

CTPが普及するにつれて、プレートセッタなどの機器も賑わいを見せるようになってきました。

例えば、サーマルCTPとバイオレットCTPのせめぎ合い。

サーマルCTPでは赤外線レーザー技術を使用して刷版を作成します。
現在、最も一般的なこの方式は高解像度で安定性に優れ、明るい部屋での作業、保管が可能です。

一方、バイオレットCTPは価格の安い銀塩プレートを使用、寿命が長くメンテナンス費を抑えることもできるため、コストパフォーマンス面に優れています。

この方式は、露光に波長の短いバイオレットレーザーを使用しているため、プレートセッタの各機構を小型化できます。
そのため、モーターの回転数を上げることができ、高速出力が可能になるのです。

しかし、その反面バイオレットCTPで作成された刷版は、自然光で感光してしまうため、明室での作業や保管ができません。

その他、従来の刷版の焼き付けに使われていたPSプレートを使ったCTCP(Computer To Conventional Plate)という技術も登場。

いよいよCTP時代が到来しようとしています。

もちろんCTPも、まだまだ課題を抱えています。

スピードアップやフィルムレスといったCTPのメリットを活かすためには、DDCP(Direct Digital Color Proofer)やカラープリンタによる色校正が必要。

そのためには、色を同一基準のもとで管理・運用していくカラーマネジメントが重要になってきます。

またCTPの導入は、制作工程のデジタル化をより一層推進。

これまでの作業環境では、対応が難しくなっていることもあり、データの流れや管理から、校正、検版方法まで、効率的なデジタルワークフローへと変化が求められています。

いま印刷産業は、さらなる品質向上やニーズの汲み上げを目指し、IT技術と融合した業務全体の最適化へと進んでいるのです。

「vol.33 CTPによって変化する印刷プロセス。」のPDF版はこちら