Vol.138印刷キーワード:バーコ印刷

盛り上がっていますか?

盛り上げ上手の印刷物、インパクト抜群、バーコ印刷。

名前だけ聞くと「バーコ印刷?何それ?」という方が少なくないかもしれません。

しかし実際の印刷物を見れば「知ってる!見たことある!」という方がほとんどではないでしょうか。

今回は、バーコ印刷についてご紹介します。

盛り上がっていますか?

印刷面が盛り上がった名刺やグリーティングカード、商品のタグを見たことはありませんか。これはバーコ印刷と呼ばれ、アメリカのバーコ社が開発したものです。

単に「盛り上げ印刷」とか「浮き出し印刷」などと呼ばれることもあります。UV印刷で厚盛りした場合と違い、凹凸と光沢があり、味わいのある仕上がりが特徴です。

手触りを感じられるため、インパクトアップにつながります。

UV印刷・バーコ印刷

印刷方法としては、まずバーコ印刷用の下地インキを印刷し、乾かないうちに熱でふくらむパウダーを付着させます。

不要部分のパウダーを落とした上で加熱処理を行うと、パウダー部分が膨張。その際に気泡が発生するため、表面が凸凹した特有の仕上がりになります。

名刺のように単色文字を盛り上げる他、事前にオフセット印刷をした用紙の上に盛り上げたい部分だけ別版でバーコ用のインキを刷って加工することもできます。

バーコ印刷用の樹脂パウダーは、通常は透明のものを使用しますが、金銀、パール、白、ラメ等のパウダーも。色つきの下地インキもあり、印刷物に合わせて多彩な表現が可能です。

またオフセットで印刷、加工ができるため、時間やコストを抑えて表現力を高められる点もメリットのひとつでしょう。

バーコ印刷工程

バーコ印刷のことをもっと知りたい、サンプルを見てみたいという方は、弊社営業までお気軽にお問い合わせください。
実物をご覧になれば、会話も盛り上がるはず!?

「Vol.138 盛り上がっていますか?」のPDF版はこちら