Vol.136印刷キーワード:ハガキ 表裏 天地

どちらがオモテ? ウラ?

あらためて言われてみると…、迷いやすい、ハガキの表裏と天地。

どちらがオモテだっけ? どちらを上に書けばいいのかしら?

ハガキを書くときに迷ったことはありませんか。

ハガキにも正式なオモテとウラ、天地があります。今回は、ハガキの表裏と天地関係についてご紹介します。

どちらがオモテ? ウラ?

年賀状や暑中見舞い、結婚・出産・引っ越しの報告など、普段の暮らしの中でハガキを利用するケースは少なくありません。メールや電話より、ハガキが届くとうれしい方も多いのではないでしょうか。

さて、このハガキですが宛名面と文面(絵柄面)のどちらがオモテかご存知ですか。正解は宛名面がオモテで、文面がウラです。

表面に書くことを「表書き」、裏面に書くことを「裏書き」とも言います。一般的に表面は縦書きが基本ですが、裏面のデザインが横向きの場合は、表面を横書きにした方が、統一感があって良いでしょう。

では裏面を横向きにレイアウトする場合、どちらが天地になるのでしょうか。まずハガキの表面を右に倒して、そのまま横方向に回転させた状態が正しい裏面の向き。したがって、天地関係は図1のようになります。意外と逆向きに印刷されている場合もあるので注意が必要です。

裏面 天地

実はこの天地関係は「切手を貼る位置」にも理由があります。郵便局の消印作業は機械で行っており、ハガキや封筒を縦向きにした際、左上に切手が貼っていないと機械が読み取れないそうです。

ですから横向き時は切手の位置は右上になります。まれに横書き宛名面の左上に切手を貼ってあるケースが見受けられますが、これはNG。機械が正しく読み取れず、職員が手作業で対応することになり、手間がかかるというわけです(図2)。

裏面 切手を貼る位置

ちなみにハガキの表面に宛名と文章を書く場合は、縦向きなら上に宛名・下に文章。横向きなら右に宛名・左に文章になります(図3)。

宛名と文章

これまであまり意識していなかった、間違えていたという方、次にハガキを出す時は、この表裏・天地について思い出していただけると幸いです。

「Vol.136 どちらがオモテ? ウラ?」のPDF版はこちら