Vol.117デザインキーワード:インフォグラフィックス

視覚的な情報伝達のアプローチ「インフォグラフィックス」

もっと見やすく、わかりやすく。「ひと目で理解」が理想です。

書店で多くの専門書籍が並び、注目を集めているインフォグラフィックス。

情報をひと目で伝えたい場面で用いられ、主に地図や標識に代表されます。それが今日では、新聞や雑誌、マニュアル、

Web などにおいても広く利用されるようになってきました。今回はインフォグラフィックスについてご紹介します。

視覚的な情報伝達のアプローチ「インフォグラフィックス」

インフォグラフィックスとは、情報やデータなどの複雑な内容をわかりやすく伝えるための表現手法です。言葉だけではイメージしづらい事柄でも、絵や図を利用し、誰でも容易に理解できるようにすることが目的です。

その歴史は古く、1780年代にウィリアム・プレイフェアが近代グラフを発明。1860年代にはシャルル・ジョゼフ・ミナールが、ナポレオンのロシア遠征時の兵士数の減少傾向を視覚化した独創的なインフォグラフィックスを発表します。

1920年代にはオットー・ノイラートが、ピクトグラムを活用した統計データ視覚化手法を考案。現在のインターフェースにおけるアイコンのデザインにも影響を与えています。

近年、インフォグラフィックスが多用される背景には、インターネットなどの普及による情報量の増大があります。人が処理できる情報量があまり変わらない中で、ひと目で内容が理解できるインフォグラフィックスの需要が高まっているのです。

また2011年には経済産業省が「ツタグラ(伝わるINFOGRAPHICS)」を推進。国内で本格的に注目されるきっかけになりました。

インフォグラフィックスは、単に情報をビジュアル化することではありません。情報を取捨選択し、誰に、どのように伝えるか。そこには制作者側の意図やメッセージがあります。そういう意味でインフォグラフィックスは、企業のコミュニケーション活動と相性が良いとも言えます。

今後、ビッグデータが当たり前になる社会において、ますますその重要性が高まっていくことでしょう。

近年のネットの普及で、流通する情報の量は2倍以上に増加。しかし、人が受け取る(理解できる)情報の量は約10%程度アップしたのみ。

「vol.117 視覚的な情報伝達のアプローチ「インフォグラフィックス」」のPDF版はこちら