Vol.07制作キーワード: 分解

写真を美しく再現するために

毎日毎日、分解してます。写真を美しく再現するために。

「写真分解って、なに?」。お客様からよく質問される内容です。確かに、印刷に「分解」という
工程があることは奇妙に思えるかもしれません。ところがこの分解、印刷の品質を決定づける重要な
作業なのです。今回はこの写真の分解について紹介しましょう。

印刷における色表現は、基本的に

シアン(藍)
マゼンタ(紅)
イエロー(黄)
ブラック(黒)

を加えた4色の組み合わせで行われています。

4つの色を混ぜ合わせ、さまざまな色をつくる。それが印刷における色表現です。

「分解」はその反対の作業。
つまり、ある色から、その色を構成しているシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの成分を取り出すことを意味します。

たとえば、

「若葉の緑色には、シアンが70%、イエローが80%含まれている」というように、まさに色を分解するわけです。

画像の分解(CMYK)

簡易版のフラットベッドスキャナはPC用のイメージスキャナとしてもおなじみですから、ご存知の方も多いはず。

フタを開けるとガラス面がある、コピー機を小型化したような形のものです。
ただし、分解データの精度としてはあまり高くありません。

一方、高解像度型なのがドラムスキャナです。
高速で回転するドラム(シリンダ)を備えた構造によって、極めて緻密な分解データを得ることができます。

分解は、スキャナのガラス面、あるいはシリンダに置かれた原稿に光を当て、その反射光の強弱を読み取るという方法で行われます。

反射光をカラーフィルタに通すことで、特定の色だけを抽出できるのです。

かつては特殊なカメラを使うなど、本当に手間のかかる作業だった分解ですが、スキャナの登場によって著しく効率化されました。

しかし、それですべての作業が完了するわけではありません。色の補正作業が待っています。

スキャナによって得られた分解データは、オペレータの手でカラーバランス(色調)、グレイバランス(濃度)などが微調整されるのです。

ひとりひとりのオペレータの技術とセンスに大きく左右される、この補正こそが、実は印刷の仕上がりを決定づける重要な要素。

たとえば、料理のシズル感、自動車の立体感、肌の質感などをいかに表現するかは、オペレータ、そして印刷会社の腕の見せ所なのです。

「vol.07 写真を美しく再現するために」のPDF版はこちら